わかちあい   
ビブリコ報告 山中大樹  
Sunday, June 2, 2013, 14:22 -
ビブリコ報告
山中大樹

(English follows)
   
 現在ビブリコ共同体に居住し、リチェンツィア・コースで学ばせて頂いています。2008年から2年間六甲中学校・高等学校に派遣された後、ローマに送られました。到着後4ヶ月イタリア語を学び、その後、ビブリコでの学びが始まりました。最初の一年間は予科であり、朝起きてから夜寝るまでひたすらヘブライ語とギリシア語文法と格闘しました(このコースを終えるまでに学生数は約半分になったでしょうか)。ちなみに、この時期の学生については「トレビの泉がどこにあるかさえ知らない」という冗談があるそうです(ビブリコからトレビの泉は歩いて2,3分です)。
 その後、リチェンツィアのコースに入り、1年半が経過しました。言語を更に学ぶ以外は、いずれの神学校、神学部と同じく、講義は釈義が中心です。敢えて特徴を一つ挙げるとすれば、先ず以て聖書テキストの原文を読むことを特に大切にしているということでしょうか。私自身は残念ながら聖書学の神髄に開眼したということはないのですが、ただ聖書テキストと奮闘し続けている、これが現在までの大きな収穫物だと言えます。
 ローマの生活ですが、今年に入って聖座空位に続いて新教皇選出という出来事に出遭いましたが、それ以外に特筆すべきこととして、世界各地から学びに来ている信徒、聖職者、会員たちとの出会いが挙げられます。イエズス会員との出会いにだけ限って書きますと、ビブリコに移動する前にはベラルミーノ神学院に居住していましたが、不確かですが30カ国以上から来た60-70名の会員と住むことができました。イエズス会が全世界で活動していることを肌で感じました。ただ、会員数が増加している管区からの会員はその数を誇り、会員数が多かった管区からの会員はその伝統を誇っている、そのような傾向を感じます(個人的な穿った見方なのでしょう)。
私たちの管区は、再渡来の時点から考えますと相対的にまだまだ若く、平均年齢からすれば高齢ですから、ある意味では人間的に誇るものはないようにも思えます。ただ、だからこそ「主を誇」(Iコリ1,31)りつつ、誠実かつ謙遜に「十字架につけられたキリストを宣べ伝え」(1,23)続けることが出来得るのだと思います。今暫く研究生活に埋没させて頂きます。その後、皆様と共に神の福音を伝えることに邁進できればと思います。

Report from the Biblicum
(T. Yamanaka)


At present I am living in the Biblicum Community studying in the licentiate course. By way of a brief summary, after 2 years at Rokkō High School, I was missioned to Rome in 2010. I spent my first four months studying Italian and after that began studying at the Biblicum. The first year is called the anno propedeutico (preparatory year), during which I had to wrestle with Hebrew and Greek grammar from morning till night. (During this year the number of students drops by half.) It is jokingly said that 1st-year students do not even know where the Trevi Fountain is, even though it is only a few minutes’ walk from the Biblicum.
Then a year and a half ago I entered the licentiate program. Apart from further language study, the lectures center on exegesis, just as in any other seminary or theology department. If pressed to cite one special characteristic, it would be the great importance given to reading scriptural texts in the original. Unfortunately, I cannot say that my eyes have been opened to the essential core of biblical studies, but I continue to struggle with the texts. I guess this may be my major achievement to date.
As for life in Rome, I experienced the papal abdication and election. The only other thing I can mention is meeting laypeople, religious, and Jesuits from all around the world who come to study here. Before moving to the Biblicum, I was living at the Bellarmino with 60 to 70 Jesuits from about 30 different countries. I could feel in my bones that the Society is active all over the world.
It may simply be my own cynical observation, but I feel that Jesuits from provinces that are growing tend to take pride in their numbers, while Jesuits from provinces with declining membership take pride in their heritage. Considering out own Province from the time of re-entry in 1908, we are still comparatively young but, with our advanced average age, we are also elderly, so in some ways we may have nothing to boast of. However, precisely because of this I think we can “boast in the Lord” (1 Cor 1:31) and continue to “preach Christ crucified” (1:23) sincerely and humbly.
After burying myself in this life of research for a while longer, I hope to join you in the task of passing on the Gospel of God.

 
  Login Administrator

 

 
  @copyright 2009 Japan SJ