わかちあい   
バークレー報告 
Sunday, June 2, 2013, 14:27 -
バークレー報告
A・フィルマンシャ神父


English follows
                
バークレーの春とともに、私は博士論文計画の最終改訂を終えて、そしてそれを提出することができたことを神様に感謝いたします。論文の題名は『デジタル文化における、積極的な典礼での参加のための媒体としての人間の肉体』です。現代典礼神学の主眼、つまり典礼は人間が経験した神からの救済の祝いであるという視点からこの論文を書きました。ルブリカや様々な典礼文献を研究するのは現代典礼神学の主眼ではありません。それらは典礼を祝う共同体の文化との対話の中で研究されます。現代のグローバリゼーションというコンテキストの中、デジタル文化による仮想化の結果は通信媒体としての人間の肉体への尊重を減少することです。それゆえ、現代典礼への挑戦はどのようにして信徒たちがかれらの媒体である肉体によって神と神が創造された自然界と対話し、神からの救いを味わうことができるのだろうかということです。この研究のために、四人の専門家が私を指導してくださいます。私は彼らの手を借りて、研究を進めることが出来ました。



Report from Berkeley
(A. Firmansyah)


Encouraged by the beautiful Berkeley spring, I have happily managed to finish the final revision of my dissertation proposal. The working title is “Human Body as the Medium for Active Liturgical Participation in Digital Culture.” This dissertation is interdisciplinary in nature because the focus of liturgical theology today starts from liturgy as the celebration of the salvific event. The study of liturgical rubrics and historical texts is no longer considered the main focus of liturgy studies. They are rather seen as a partner in dialogue with the culture of the celebrating community. In the context of globalization, where so much is being virtualized by the digital culture, the diminished role of the human body as a medium of communication is unavoidable. Liturgy’s challenge today is to help the faithful celebrate God’s salvation through the human body as the medium of communication with God and his created world.
I have asked four experts to help me with my research. They form a very helpful dissertation committee and are eager to help me conduct the research.

 
  Login Administrator

 

 
  @copyright 2009 Japan SJ