わかちあい   
ヨハネ・フランシスコ・レジス 
7月2日
聖ヨハネ・フランシスコ・レジス
司祭


 ジャン=フランソワ・レジー(仏語読み)は、1597年1月31日にフランス南部で生まれた。ベジエーのイエズス会学校を卒業した後、1616年12月7日にトゥールーズで入会した。長い中間期を含む、通常の養成を受け、1630年5月19日に司祭となった。同年の夏、ペストに倒れた人々の世話をした。一緒に働いた仲間の会員は感染して病死したが、レジス神父は難を逃れた。
 最初の派遣で、パミエーの学校で教鞭をとった。学校の休日には、司牧に励んだ。カトリックとカルヴァン派(ユグノー)の宗教戦争は1598年のナント勅令で終わるが、それまでの間、カトリック信徒は教会を捨てるように強いられ、教会は破壊され、司祭たちも殺害された。その痛手はまだ残っていた。レジスは優れた司牧才能があると評価され、1632年にモンペリエの司教のもとに送られ、カトリック信徒を教会へ呼び戻すことに協力した。
 次いで、レジスは司教の依頼によって、1634年にヴィヴィエに配属された。本人としては、カナダの先住民のためのミッションに派遣されることを望んだが、残る人生を山岳地帯で過ごすことになり、雪に覆われた山道を町から町へと巡り歩いた。小教区に数日滞在し、集中的に司牧活動に従事した。説教はつねに簡潔であったが、心の底から湧き出す力があった。多くの告解も聴き、子どもたちに要理を教えた。彼のなかで聖霊が働いていることを、皆が感じたようである。説教や告解に追われ、食事や睡眠をとる時間さえなかった。観想家、神秘家であり、同時に実践的なセンスを生かし、スラム街や病院を訪れたり、貧しい人々に食料や衣類などを与えたりした。生活を改めた売春婦のための更生施設も開いた。
 1640年の12月半ば、死が迫っていると感じ、指導していた小教区の黙想会を中断して、宣教本部に戻り、三日間の黙想と総告白をした。その直後、一人のブラザーと一緒に、中断した黙想会に送り返された。12月23日にそこを経ち、その日の夜から別の黙想会が開始することになっていた町に向かったが、雪山で道を見失い、廃屋で一夜を過ごした。24日に目的地に着き、すぐに説教し、告解を聴き、ミサを司式した。クリスマスとその翌日も、告解者の列が絶えなかった。壊れかけた窓から冬の寒風が吹き込んだので、レジスはついに肺炎で倒れた。12月30日深夜、同行のブラザーに、「主イエスと聖母マリアは天国の門を開いてくださっている」と言い、「主よ、私の霊をみ手に委ねます」と祈りながら静かに他界した。
 レジスは教皇クレメンズ11世によって1716年5月18日に列福され、1737年4月5日にクレメンズ12世によって列聖された。アールの司祭、聖ヴィアネーは、生活や活動のための大きな励ましを聖レジスから受けたと言っていた。
 「背信や暴力の時代に、彼はキリストの癒しと和解の使命を生かした。… 彼の積極的な社会活動のなかに、キリストの福音や貧しい人々と交わるキリストの姿が具現されている。」(P-H.コルベンバッハ総長、AR XXII [1997], 131)

 
  Login Administrator

 

 
  @copyright 2009 Japan SJ