わかちあい   
霊性 
日本管区の使徒職
霊 性



神との出会いの場、マンレーサ
─黙想の家における、魂の同伴の使徒職─

英 隆一朗


 イエズス会の創立者のイグナチオ・ロヨラは回心以前、この世の勝利と名誉のために戦う軍人であった。ところが、彼は戦争で負傷し、寝たきりの生活になった。そこで退屈を紛らわせるために読んだ聖書と聖人伝によって、劇的な回心を遂げる。今までの生き方を捨てて、イエスに従う者になろうと決心して家を出た。だが、その回心はまだ表面的なものだった。イスラム教徒と聖母マリアについて言い争いになったとき、相手を本気で殺そうとしたからだ(カッとなって人を殺していたら、軍人の頃と何も変わっていない)。彼が真に生まれ変わったのは、その後、マンレーサという洞窟で約九ヶ月間、祈りと黙想の日々を過ごすことによってであった。神の恵みを味わい、自分の罪や弱さを見つめ、イエス・キリストの生き方を心に刻みつけていったのである。そこを去るとき、彼はイエスに従う真の巡礼者に変身したのである。


長崎立山の黙想の家


 現代の人びとにも、このようなマンレーサが必要ではなかろうか。キリストに従って生きようと思っていても、いつの間にかピントがずれてしまい、自分勝手に生きていく危険性がある。そのため、自分自身の生き方を根本的に見つめ直す作業が必要ではないだろうか。キリスト者として、本当は何を求めているのか。それ以上に、主キリストが私に望んでいることはいったい何かなのかを聴くために。  イエズス会の重要な使徒職の一つとして、現代人にもマンレーサの場を提供している。それが黙想の家であり、現在、日本には四つある。そこに訪れた人は感じるであろう。日常から離れ、沈黙と祈りの雰囲気が満ちている空間を。簡素な個室、沈黙が深まる聖堂、自然とふれあう庭などすべてが、魂が神と真摯に交わる場を作り上げている。  私は現在、その黙想の家にいて、訪れる人の魂の声を聞いている。彼らは時折大きな苦しみをかかえているが、黙想を通して、現実を凌駕する神の恵みの次元に気づいていく。私の使命は、その魂の変容のお手伝いである。というよりも、神の恵みの働きかけを目の当たりにしている証人といったらよいだろうか。人間の闇の深さに慄然とすることもあるが、神の働きのすごさにただ圧倒されることも多い。イエズス会の仕事は多種多様だが、魂の深淵とその変容にかかわるこの黙想を手伝う仕事には、特別な意義があると思う。  近年、イエズス会員の高齢化と人材不足で、このような仕事も縮小されるかもしれない。しかしながら、東京の霊性センターせせらぎや、日本殉教者修道院(鎌倉の黙想の家)など、信徒との協働から新たな形を展開しつつある。魂の同伴の使命は、司祭・修道者に限


黙想の家聖堂


定されるわけではないからだ。実際のところ、主イエスがイグナチオの魂を呼び覚まし、祈りに導かれたように、今も、変わりなく多くの魂を呼び覚ましておられる。この呼びかけを聞いた者は、どこかでマンレーサに向かわざるをえない。人がマンレーサを必要とする限り、イエズス会のこの核心的な使徒職は絶えることがない。 (はなふさ りゅういちろう 日本殉教者修道院・鎌倉黙想の家責任者)


右:筆者


無原罪聖母修道院(黙想)へ

霊性センター「せせらぎ」へ
「私たちは、心を豊かにしたいと望むすべての方々と共に
祈りを深めていくことを目指しています。
祈りや人生の知恵についての多彩なメニューを どうぞご活用下さい。」


 
  Login Administrator

 

 
  @copyright 2009 Japan SJ