カトリック イエズス会の新しい高校について

サイト構築中:これからも関連情報が追加されます。

2025年~2027年頃の開設を計画中
 

建学の精神

  • キリスト教の精神をもとに、さまざまな宗教・文化を大切にする学校です

  • 外国につながりがある子どもや、経済的な困難がある家庭の子どもたちが成長する機会を作ります。

 この構想は外国ですでに広まりつつある「クリストレイ」学校をもとにしています。外国では生徒が自分で働いて学費の足しにしますが、日本では補助金、奨学金でほとんどがまかなわれます。
ご参考:クリストレイネットワークと高校(英文サイト)

教育の目標

  • 高校の教育課程を基礎からしっかり学び、

  • すべての生徒が大学・短期大学へ進学をめざします。イエズス会は全世界に約830校あります。日本では4校あり、1938年に創立された六甲学院中学高等学校をはじめ、長年の教育実績に定評があります。

  • カトリック高校を対象とした推薦入試制度で、上智大学、上智大学短期大学部などへ進学を可能にします。日本のカトリック系大学は18校ありますが、多くはカトリック高校からの推薦入学制度があります。

日本カトリック大学連盟サイト

  • 一人ひとりが喜んで生活できる社会を築く人を育てます。

学費

  • 授業料などの負担が少なくなる、東京都・神奈川県の補助・貸出制度を利用できます。

①授業料
   支払う授業料は0円か、お金を払うこともあります。
②入学金・施設設備費 
   東京都では、入学資金として無利息の貸付があります(返済が必要です)
   神奈川県では、遊学金は0円か、お金も払うこともあります。
   ※親の稼ぐお金によって違います。親の収入が910万円より多い人は、補助されません。

 【新しい高校がおこなう教育の特徴】
あらゆる国籍・宗教の子どもが入学できます。外国のクリストレイ学校は国籍や背景の文化の多様性でよく知られています。

  • 1学年の入学定員は120人(男女共学)です。

  • 生徒一人ひとりにあった、学習指導・個別サポートをおこないます。

  • 先生やほかの生徒との関係を通して「自分が大切にされている」と感じられる環境をつくります。

  • 日本語および英語の学習を重視します。外国につながりがある生徒の言語や文化について理解し、グローバルな世界観や国際感覚を育みます。

  海外につながる生徒の勉強サポートは、すでに上智大学短期大学部や、上智大学のサークルなどが率先して奉仕しており、長い歴史をもっています。イエズス会は「NPO法人足立インターナショナルアカデミー」(足立区)を他の修道会と一緒に運営し、海外につながる生徒たち(おもに小学生)の勉強のサポートをしており、その経験も積んでいます。
 NPO足立インターナショナルアカデミー


保護者へのサポート

  • 保護者が子どもの高校生活を安心して見守ることができるよう、保護者と学校のコミュニケーションを充実させます。日本語以外の言語での対応とサポートも可能です。

上智大学キャンパス

sophiahadano.png

上智大学短期大学部(秦野市)